top of page

2020.11.09 シセラ、初めてのスペシャルな会にいく。

昨日、光市島田に店を構えるモンテ エ マーレさんで特別な食事会が催された。

モンテ エ マーレの座間達也シェフと周南市三丘から三水園の橋本孝義シェフによる、シセラに合わせたスペシャルメニューを限定8名のお客様に味わっていただくという、作り手としてはお客様の反応を直に感じることができる贅沢な企画。

座間シェフのどこまでも陽気でアグレッシブな料理と、橋本シェフの緻密で繊細な中に突き抜けた独創性あふれる料理。それぞれの料理には、確かな技術と美味しさの中にしっかりとシェフの人柄や個性が出まくっていることに驚き、シェフがその一皿一皿に4種類のシセラの特長を引き出すためのマッチングをして下さることに感動した。自分はワイン同様にシセラについても特定の料理に合わせるように醸造するということはできないため、シェフたちがタイプの違うシセラの特長を見抜き、創造して料理に合わせるという作業はまさに神業であった。

座間さんも橋本さんも共通していることは、おもてなしの心が溢れていることと、真剣な表情の中にも楽しそうに料理をつくっているところ。この姿勢が料理の味にも確実に反映されている。それでもお客様の反応がとても気になるし怖いとも言う。一流のシェフ達のそういった自信と謙虚さのバランスにとても人間味を感じ親近感を覚えた。

そして何よりも、2名一組で来られた四組のお客様が、食事がすすむにつれ、皆さんお知り合いだったかのようにお話が弾み、ひとつの輪の中に笑顔があふれたことが何よりもうれしく、これからシセラをつくる原動力にもなった。一方、食事会のシセラ達はやや緊張気味だったけれど、健気に料理たちに寄り添っていて、ちょっと誇らしかったかな。


Comments


bottom of page