Acerca de

_M9A8996.JPG

Taka Kawamoto × Domaine Pinot Livre cicera

from PORTO(Murozumi Share Kitchen)

2021.10.08

シセラに合わせて燻製の香りの効いたオイルパスタを作りました。

初めて(本格的に醸造された)みかんのお酒を飲んでみて、

まず、みかんの酸味とほんのりした甘さ、少しの苦味を感じました。

そして、最初に浮かんだのは、

オイル系のパスタと合わせて飲むと合うんじゃないかと思いました。

_M9A8856.JPG

シセラはそのもの単体ではなく、

料理と合わせて飲むとより引き立つお酒だと思います。

魚介系、

牡蠣とかまだらのムニエルとか、

白子料理とかもいいです。

アクアパッツア、アサリ出し汁とか、魚介のスープ系ともとても相性が良かったです。

_M9A8827.JPG

 

今回はその中でも

サバの燻製の香りが効いたペペロンチーノと合わせました。

オイル系のパスタを食べた後にシセラを飲むと、口の中がリセットされて(相乗効果で)食もお酒も良く進みます。

そして、この燻製の香りがシセラととても相性が良いと思いました。

 

_M9A8881.JPG

 

やはり、同じ土地で育った食材、野菜とかお酒は良く会いますよね。

人間の舌ってほんのり甘いと美味しいと感じる、

甘すぎてはだめなんですが、

それがシセラにもあって、だから飲みやすいのかな。

でも、(リキュールの様なお酒と違って、ワインと同じく)しっかり発酵させたお酒なので、

ちょっとした皮の苦味とかが効いていて大人のお酒に感じます。

スッキリとした飲み口の中に、ちょっとした苦味とか酸味とか甘みがある感じです。

他にも、

ブルーチーズ系、ゴルゴンゾーラとか味の濃いチーズとバケットや、

あと意外なところでチョコともいけるんじゃないか、味の濃いトリュフのチョコとかも合うと思います。

誰もが飲んだことのない新しいお酒、新しいに挑戦したをしたお酒なので、

それぞれが、色々なものに合わせて楽しめる、ポテンシャルを秘めた面白いお酒です。

_M9A8868.JPG

料理名

サバの燻製と秋茄子のペペロンチーノ

_M9A8992.JPG

河本​ 敬志 Kawamoto Takashi

港のイタリアンPORTO シェフ

1979年生まれ。福岡県生まれの山口県育ち。シェフとしては、ハウステンボスのホテルでフレンチからキャリアをスタート。長崎の魚介類、野菜などを使い、基本の食材の仕込みや、フォンの取り方、ソース作りを学ぶ。その後イタリアンの道に進み、広島、地元山口県で約18年イタリアンを中心に料理を続け、今の室積シェアキッチンPORTO(ポルト)に至る。

PORTO : www.murozumi-kitchen.com

  • Facebook
  • Instagram
スズメ GS.png

【謝辞に変えて】

燻製の香り、そしてオイルの旨味に、シセラがこんなにあうとは。新しい発見に驚きでした。

河本シェフのお話しにあった様に、相乗効果で料理とお酒双方がより美味しく、どんどん次を食べたくなる、どんどん次を飲みたくなる、そんな連続性のある美味しい幸せなループに感動しました。ありがとうございました。

> シセラ詳細ページ

> メンバーシップ詳細ページ