ドメーヌ ピノ・リーブル 2019  

Domaine Pinot Livre 2019

植栽5年目の春、えんぴつ程のちっぽけな苗から育てたぶどう樹は、いきいきと立派に成長し生命力に満ち溢れているご様子。前年に伸びた枝の9割を剪定して充実した母枝を一本だけ選び、そこから新芽を出す長梢仕立てを施し萌芽を待ちます。時を同じくして、醸造所横の新しいぶどう畑で穴掘り作業を進めていると、穏やかな天候の下、小さな訪問者たちが集い出しました。緑いっぱいの夏になり、新たに植えた530本の2年目の苗も負けじと葉を開きましたが、陽気な訪問者たちの豪快な食欲に少々困惑気味でした。収穫の秋、まだまだ真夏並みの気温は収まりません。でも、たくましい樹に実ったぶどうたちは、豊かに見事な房を着け今か今かと収穫の日を待っています。その数日後、収穫適期を察知した腹ぺこスズメバチ軍団の襲来。ぶどうの粒を両手に抱きかかえ一心不乱に食べる様子は、気を許せば可愛く見えるものの、もはや異種格闘技戦的に収穫作業を9月18日と19日の2日間で終了しました。ぶどうを仕込める喜びは年々増すばかりです。多くの訪問者たちは、ぶどうの風味に芳醇さと複雑性が増してきた証。その個性を引き出すための全房樽仕込み・樽熟成に期待感が膨らみます。

ドメーヌ ピノ・リーブル 2019 初穂
ペティアン PETILLANT

品目:果実酒(発泡性) 日本ワイン 

原材料名:ぶどう(周防大島産)ヤマ ソービニオン50%,マスカット・ベーリーA32%,ブラックビート11%,オリエンタルスター7%

 

内容量:375ml

 

アルコール分:11%

​生産本数:120

 

Waxカラー:王冠

 

ペティアンのファーストヴィンテージ。ヤマソービニオンの新酒を個性的なカタチで表現したいという想いでつくったワインです。かもし後に搾汁し、瓶内一次発酵したペティアンは、風味が豊かで熟成の期待も高まる興味深い仕上がりとなりました。

ドメーヌ ピノ·リーブルとして初めて造ったペティアンに、感謝の気持ちを込めて[初穂]と名付けました。

ドメーヌ ピノ・リーブル 2019 樽熟

品目:果実酒 日本ワイン

原材料名:ヤマ ソービニオン(周防大島産)/酸化防止剤(亜硫酸塩)

 

内容量:720ml

 

アルコール分:11%

​生産本数:303

 

Waxカラー:ボルドー

 

完熟したヤマソービニオンの全房樽仕込みを行い、ハンドピジャージュで程良いもろみ温度の健全な発酵を確認し、発酵終了後にバスケットプレスでじっくり圧搾して果皮分離しました。このキュヴェをさらにミディアムトーストのフレンチオーク新樽に移し、12か月間熟成後にボトリングを行いました。